Heart Strings Blog

インフォメーション  
  • RADWIMPS 〜天気の子〜

大坂城ホールで行われたRADWIMPSのライブへ。

スタンドの一番後ろの席だったので、後ろの立ち見の若者の熱気を

背中にビシビシ感じながらのライブ観賞。

大きなピンスポットがすぐ近くにあり、その動きが気になりつつも

全体を楽しめて、これはこれで楽しめるなぁ〜っと満喫☆

客層が若いからか、最初から最後までスタンド席の方々も立っていたので、

座っていると見えず、ず〜っと立ち続ける事に・・・・

これはこれで・・・こたえますね〜( ´∀` )

色々とハプニングがありつつも、ライブならではで

生の面白さを堪能♪ 映画公開前の主題歌も聞けて嬉しかったです☆

 

7月19日 映画公開初日、しかも朝一番で映画を見るのはお初☆

新海誠監督「天気の子」観賞。

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女の物語

実際に起こりそうな状況の数々に胸が切なくなりつつも、

新海監督の描く、雨や空模様が好きだなぁ〜っと改めて思いました。

映画音楽を担当しているRADWIMPSの曲や歌も最高でした♪

主題歌「愛にできることはまだあるかい」この言葉や

メロディーを口ずさむだけで、胸の奥をぎゅっと摑まれ涙腺が・・・

 

  • ほぼ中央3列目

私が足を運んでいるコンサートの中で、今一番チケット代が高く

入手困難なアーティストが山下達郎さん。

大阪公演は、いつもフェスティバルホールで行われるので

席数も少なく競争率も高いので、抽選でハズれる事も多いんです。。。

 

が、しかし、今回は大当たり!!

山下達郎 

色々な方のコンサートで何度となく足を運んでいる

フェスティバルホールで、3列目のほぼ中央という

座席についたのは生まれて初めて!!

 

まさに  夢!? のような時間

 

表情も肉眼でハッキリと拝見でき、

宝くじが当たったような夢見心地♪

 

抽選って公正に行われてるんだなぁ〜っと

夢の様な席に当たって初めて実感できました。

宝くじも、誰が当たるんやろ?っと思っていたけれど、

何だか、当たる気がしてきました(笑)

  • 6月はライブ月間!?

6月に入って、最初のライブは友人と一緒に大阪城ホールの立ち見で観賞した

「FM802 30PARTY  SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」

AI  綾香 清水翔太 BEGIN スキマスイッチ Official髭男dism 

KREVA 高橋優 JUJU  9組のアーティストが出演!!

開演前から、会場では常にラジオが流れているような状態でDJが曲紹介をして

曲が流れるという趣向に、斬新でビックリ!

アーティスト同士のコラボあり、転換の時にモニターにDJの姿が映り喋りありで

いい刺激をたくさん受けました。

 

次は6月9日(ロックの日!?)に演歌歌手である

「氷川きよし コンサートツアー2019〜20周年大感謝祭!!〜」

滋賀県にある守山市民会館へ主人の両親と観賞♪

(ウッカリ主人の分のチケットを申し込むの忘れちゃって)

演歌=着物 という私の思い込みは見事に違っていて、

予想を超える衣裳の数々とそのバリエーションに目を奪われ、

演歌だけでなく、ポップスやシャンソン、アニソンと幅広い歌声にただただビックリ!!

MCから伝わるお人柄や、コンサートに足を運ばれているお客様の姿に

長く愛されている理由がよくわかりました。

お誕生日には大阪城ホールでコンサートをされるとの事。

年の数だけの曲数を歌うとおっしゃってましたよ♪

 

最後は、松田聖子さんのコンサートへ

「Pre 40th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2019

   Seiko's  Singles Collection 」

来年がデビュー40周年の年なので、今回は40周年のプレツアー。

シングルカットされている曲だけで構成されていて、初心者の私にはピッタリ♪

大坂城ホールのスタンド席という遠目にも関わらず、プリンセスの様な輝きとオーラを

感じ、物語から出てきたのかしら?なんてカワイイのぉぉぉ〜っとウットリ☆

途中のアコースティックコーナーでアンコールがかかったり、MCの最中に観客が声を掛けたり

直訴のように話しかける方がいたり、それを受け止めて応えられる聖子さんの姿が天使の様で

お人柄の良さにも驚きました。ホールコンサートでこの状態だったら、

ディナーショーはどうなるんだろう?っと気になりつつ・・・

8月8日に大阪城ホールでツアーファイナルが決まったそうです。

この機会にお初の方はオススメです♪

 

振り返ると、30周年、20周年、40周年と意図せずに

周年記念のコンサートばかり!!

どれも素晴らしく〇〇周年コンサートにハズレなしっと実感☆

 

  • 音マツリ

耐震改修を終えて、昨年の11月にリニューアル開場した

京都の南座で、新しい舞台装置を使った公演が始まるとの事で

ライブフェス「音マツリ」へ

外観

m-flo と CAPSUELの出演日

このグループのライブを鑑賞するのは初めて☆

おとまつり

3階の一番前の席に座ったんですが、

階段の壁に「ジャンピング禁止」の張り紙があり、

スタッフも開演前に口頭で「ジャンピング禁止」の念押し。

・・・ジャンピング!?

幕

拍子木の音とともに幕があくと、

舞台の奥に描かれている立派な松の絵

DJブースはステージ中央、赤い毛氈の台の上に置かれてあり、

高座の上みたいだなぁ〜っと思っていると、鮮やかで激しい照明と音楽

煽るようなパフォーマンスに、1階席の皆さんはもちろんの事、

隣の見知らぬ女子も高くジャンプ!?

えぇぇぇぇ〜!!!

 

南座でライブ!?っというのも斬新だと思ったけれど、

まさかのクラブ感覚まで味わえるなんて!?

 

ジャンピング禁止は納得!!

 

 

 

  • DAICHI MIURA LIVE〜ONE END〜

三浦大知さんのライブ初鑑賞♪

チケット

大坂城ホールのスタンド席、後ろから2列目で、

ずーっとモニターを眺める事になるかなぁ〜っと思っていたのですが、

ステージが会場アリーナのど真ん中に設置されていて360度どこからでも

眺められる状態で、ライブが終わるまで一度もモニターを見る事なく

ステージから目が離せず、踊りと歌を食い入るように見つめていました!!

 

会場には小さなお子さんから、ご年配の方まで幅広いファン層で、

「大知〜!! 大知〜!!」っという掛け声は、若い女の子より

子供たちの声が大きく響き、その声に頬が緩みました♪

 

2曲続けてバラードを歌うシーンで、1曲目が終わり暗転になると

「大知〜! 大知〜!」っとあちこちから子供の声が飛び交い、

2曲目を歌うタイミングがとりにくいのでは・・・っと心配していると

ギターの弾き語りをする前に、その掛け声を受けての絶妙なかえし‼

大知さんの優しい人柄が溢れ出ていて胸キュン💛

すっかり魅了され大満足のライブでした♪

About Me
持ち前の親しみやすさと、企画制作までこなすマルチぶりでイベント・披露宴などの司会から余興まで あらゆるニーズにお応えします。
【サイト運営中】
http://heart-st.com
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Link
Search
Reader
Mobile
qrcode