Heart Strings Blog

インフォメーション  
  • 京都水族館

夏の夜のお楽しみを探すと、期間限定で17:00〜20:00まで

「夜のすいぞくかん」を開催中と知り京都水族館へ。

 

調べてみると、入場料は昼でも夜でも変わらず、1日中いてもOK!

手にスタンプを押してもらって、水族館を出て鉄道博物館へ行くもよし

お昼ご飯を食べるもよし、当日であれば再入場可能♪

 

イルカショーを昼と夜を見比べてきました!

ショーの内容は同じなんですが、風景が違います。

昼間

青空の向こうに広がる緑の風景

イルカのジャンプが映える〜♪

夜ジャンプ

水のカーテンで文字や絵が浮かびあがったり

ライトアップもキレイ☆

これは夜しか楽しめない!

イルカのジャンプは昼間の方が見やすいかなぁ〜?

 

まったり ←お気に入りスポットはココ

大きな水槽の前にところどころにマットが敷かれていて

その上でゆったりまったり過ごせます

いわし 

驚くほどいつまでも見飽きない、いわしの群れ

時間を忘れてボーッとただただ見とれちゃうわぁ〜♪

 

京都水族館ならではのオオサンショウウオのぬいぐるみ

家の者に反対され、しぶしぶ断念(泣)

 

8月31日まで「夜のすいぞくかん」営業中。

夏の夜のお楽しみスポットの1つにオススメです☆

  • 宇治川ツバメの群舞観察会

街の中でツバメの姿を見かけると、

どこに巣があるのかなぁ〜っとキョロキョロ

子ツバメの姿を見つけると何だか嬉しくなりませんか?

そんなツバメの集団ねぐらがあると聞き、観察会へ

 

宇治川の堤防を夕日に向かって歩くと

とてもキレイな空

夕日

空にみとれて暑さを忘れ・・・

夕焼け

夕日が沈む直前に沢山のツバメが空に!!

ツバメ

次々とねぐらになるヨシ原に急降下

 

子育てが終わると、親鳥も若鳥も巣を離れてヨシ原に集まり、

エサを食べて体力を蓄えて、それぞれにグループを作って南へ帰る・・・

しかも、親鳥が先に帰り、若鳥が後から帰ると知りビックリ!!

(今回は若鳥の群舞)

宇治川・源内のねぐらには2万羽〜5万羽 京都盆地のツバメが全員集合するそうで、

早朝(5時前後)には、一斉に飛び立つねぐら立ちも見られるそうです。

  • ハス「淀姫」鑑賞会&講演会

チラシ ハス「淀姫」の鑑賞会へ

淀城址 京阪「淀」駅を下車し

神社の横を通って淀城のお堀へ

淀姫

和亀保護の会 会長の西堀智子さんのお話も興味深く

アカミミガメと和亀の違いも、実物を見比べることもでき、

色々と勉強になりました。

ハス

「淀姫」の香りも、とってもいい香り♪

 

 

 

  • 天神祭りの花火

天神祭りの花火が、家のベランダから見えるという

お宅にお邪魔しての花火観賞。

30階からの景色は、もうそれだけで素敵な夜景☆

夜景

花火のドーンという音もよく聞こえるし、

2か所から打ちあがる花火が一度に視界に入り、

とっても贅沢♪

赤玉

花火を上から眺めているのも、

ビルの窓に映る花火も不思議な感覚

 

高層マンションに足を踏み入れるのが初めてで、

アトラクションに乗っているような気分でした☆

 

  • 橿原神宮

黄色いポスト 橿原神宮前で下車して

こちら側の改札に出てきたのは初めてで、

黄色いポスト発見でテンションUP!!

 

開運

ずーっと参拝してみたかった橿原神宮へ

とっても広い敷地で、清々しい空気。

あゆ 鮎みくじ

ああゆみくじ 赤い紐をひっぱると、おみくじが出てきます

限りなく凶に近い、大吉!?(内容が凶のような・・・)

池 池の近くに赤い鳥居が連なる稲荷神社もあり、

大きな池の周りをぐるりと1周まわった後は、ベンチに腰掛けて

この後に行く「月雲」の開店時間までボーっと黄昏タイム♪

鳥居 帰り道からの鳥居の眺めは、

緑の木々と青空とお月様がおさまる額のようで素敵☆

 

About Me
持ち前の親しみやすさと、企画制作までこなすマルチぶりでイベント・披露宴などの司会から余興まで あらゆるニーズにお応えします。
【サイト運営中】
http://heart-st.com
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Link
Search
Reader
Mobile
qrcode